診察の待ち時間ゼロ!ピルのオンライン処方(通販)が人気の理由と人気サービスを徹底紹介します!


女性の避妊や生理痛緩和など、さまざまな効果が期待できるピルですが、最近はピルのオンライン処方が人気です。
今回はピルのオンライン処方が人気の理由と人気のサービスを紹介します。

オンライン処方とは

そもそもオンライン処方とはどのようなものなのか、仕組みやメリットデメリット、をそれぞれ解説していきます。

オンライン処方の仕組み

ピルのオンライン処方の仕組みとは、クリニックのホームページやアプリなどから診察予約をして診察を受け、ピルを処方してもらい、郵送で受け取るというものです。

オンライン処方は医師の働き方改革や感染症流行の影響から、さらに増えてさまざまなクリニックが行っています。

オンライン処方のメリット

オンライン処方は忙しい人でも家にいながら診察を受けることができ、病院や薬局へ行かずにピルを受け取れます。
産婦人科の診察に羞恥心から抵抗を感じる方でも、病院に行かずにピルを手に入れることができるのもメリットと言えるでしょう。

オンライン処方のデメリット

オンライン処方のデメリットとして、内診やエコーなど女性特有の疾患の検査を受けられなかったり、採血検査が受けられなかったりするため、ピルの内服に伴い出現する副作用の発見が遅くなるといったデメリットがあります。

しかしオンラインで体調や不安について相談もできるため、副作用に関して不安な場合は、オンラインでの診察時に医師に相談すると良いでしょう。

人気のピルオンライン処方サービス3選

ここで人気のピルオンライン処方サービスを3選紹介します。
人気のサービスは下記の3つです。

クリニックフォア
スマルナ
メデリ

それぞれ特徴や価格など解説していきます。

クリニックフォア

クリニックフォアは関東や関西に一般外来のクリニックも開院していながら、オンラインでのピルの処方も行っています。

クリニックフォアの特徴と価格は下記です。

特徴 価格
・アプリ不要でスマホやPCで操作可能
・初診から薬の処方可能
・薬は最短当日発送翌日到着
初回診察料1,650円+送料550円
ピルは種類により異なるものの、定期配送は15%オフで月々2,783円〜

定期配送が可能で、定期配送の場合は15%オフと安くなります。
ピルの処方をしてもらうのを忘れてしまうという方や、ピルの費用が負担と感じている方におすすめです。

スマルナ

スマルナはアプリで診察予約から診察、薬の処方を行えます。

スマルナの特徴と価格は下記です。

特徴 価格
・アプリで診察予約から薬の郵送まで完結
・チャットで医師や助産師に女性特有疾患や、女性の悩みを相談できる
・薬は最短当日発送翌日到着
低用量ピルの定期便は2,380円〜
中用量ピルは2,900円〜
アフターピルは9.480円〜

アプリで完結できるサービスとなっており、チャットで医師や助産師など医療資格保有者へ相談ができるのも人気の理由と言えるでしょう。

公式サイトのユーザーボイスからは、生理に関する不安を伝えると優しく回答をいただけたという声もありました。

メデリ

メデリは有名芸能人がCMに出ていることで若い世代に人気のサービスです。

メデリの特徴と価格は下記です。

特徴 価格
・LINEを使って予約できる
・体に会わなければ無料の診療を受けていつでも休止やキャンセルができる
・プライバシーを守って雑貨表記で郵送
初月のピル代と診療料は0円、送料は別途550円
6ヶ月のおまとめプランは月額2,970円〜

メデリは連絡ツールとしてよく使われているLINEを用いて診療予約をすることができるため、ユーザーが利用し始めやすいです。
また、診療料はいつでも無料なので、何か不安を感じたり副作用に悩んだりしたら、いつでも相談できます。

オンライン処方が人気の理由

ピルのオンライン処方が人気の理由には手軽さが一番に挙げられます。

生理や避妊に関する悩みは女性にとって大きな悩みだったものの、産婦人科を受診するのは気恥ずかしかったり、周りの目が気になったりするという方もいました。

しかしオンライン処方サービスが世の中の変化とともに増えたことで、悩みを抱えていた女性たちが手軽にピルに触れられるようになりました。
これがオンライン処方が人気の理由なのではないでしょうか。

オンライン処方が向いているヒト

オンライン処方が特に向いているのは下記のような人です。

産婦人科に行くのは気恥ずかしさや抵抗感がある
学校や仕事が忙しく、定期的に病院に通院することが難しい

上記のような人は、ピルを入手する方法としてオンライン処方が適切と言えるでしょう。

まとめ

ここまでピルのオンライン処方について解説してきました。

ピルのオンライン処方はこれまで産婦人科に行きづらかったり抵抗感を感じたりしていた人や、忙しく病院に通えなかったりした人にとって画期的なサービスです。

多くの女性が、オンライン処方サービスを利用することでピルを入手できたのではないでしょうか。

多くのオンライン処方サービスがありますが、それぞれ特色が異なります。
さらに下記に3つのオンライン処方サービスをまとめました。

費用や特徴から、自分自身にとって利用しやすいサービスを利用してみてくださいね。

特徴 費用
DMMオンラインクリニック ・産婦人科医と薬剤師監修のもと薬を処方
・最短当日到着
・当日診察も可能
診察料0円、送料550円
ピルの種類によって異なるものの、低用量ピル1シートは3,179円〜
マイピル オンライン ・最短翌日到着
・初めて割により低用量ピル1シート半額
・学割の適応で送料無料
初診料1,650円、送料550円
再診料550円
低用量ピル1シートは2,849円〜
エニピル ・10時〜24時まで365日診療可能
・予約不要でオンライン診察は問診送信後30分以内に対応
・最短翌日到着
初診料2,200円、送料385円
1年プランの場合月額2,563円
6ヶ月プランの場合月額2,893円